トップ > 自動車保険の選び方 > 解約手続きや免責事項で選ぶ自動車保険

解約手続きや免責事項で選ぶ自動車保険

スポンサードリンク

ここまでは「掛け金・保険料」「保証内容」「事故対応」といった視点での自動車保険選びについてお話してきましたが、場合によっては免責事項の内容や解約手続きの方法などによって自動車保険選びをする必要があるかもしれません。


自動車保険選びをする場合にはあらかじめその保険の解約手続きなどの解約方法を知っておく必要もあるかもしれません。

加入が義務付けられている自賠責保険の場合は、自動車を廃車した時や重複契約の時、適用除外者になった時、告知義務違反の時など一部のケースを除いては任意に保険は解約することは出来ません。

一方、任意保険の場合は基本的に任意のタイミングでいつでも解約することが可能です。


また、自動車保険は必ずしもすべての事故に対して保険金が下りるという訳ではありません。免責事由といって特定の条件下がは保険金が下りないケースもあります。

1例としては飲酒運転など。飲酒運転によって引き起こされた事故で保険金は下りることはありません。その他、無免許運転であったり、故意による事故、重大な過失による事故といった様な使用人の重大な過失に要る事故は免責事由にあたり保険金は下りることはありません。

ただし、こういった例はあくまでも一般的なケースであり、免責事由などの詳細は加入した保険会社によって異なるケースも考えられます。

事故を起こした場合に保険金が下りるか下りないかはその後のあなたの人生を左右しかねない重要なことです。自動車保険会社を選ぶ際にはこういった免責事由の詳細に関してもあらかじめチェックしておきたいものですね。


この様な自動車保険の免責事項や解約手続きの方法なども保険選びの参考にしてみてくださいね。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
自動車保険の選び方

保険料や掛け金、保障内容な事故対応などのサービス。あなたの状況に応じて様々な視点から自動車保険の選び方についてアドバイスしていきます。見積もり、比較の際の参考にしてくださいね。

前の記事 | 次の記事

関連記事