トップ > 自動車保険の基礎知識 > 「自賠責保険」と「任意保険」の種類と内容

「自賠責保険」と「任意保険」の種類と内容

スポンサードリンク

自動車保険には加入が義務となっている自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)と任意で加入することが出来る任意自動車保険(任意保険)、大きく分けるとこの2種類に区分することが出来ます。

今回はこの2つの自動車保険、「自賠責保険」と「任意保険」のそれぞれの特徴と違いなどをまとめてご紹介してみたいと思います。


自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)法律で加入が義務付けられた保険です。この自賠責保険に加入していないとsy件には通りませんし、自賠責保険所は常に車に保管しておかないと罰則がある(罰金)など厳しく取り決められています。

自賠責保険はあくまでも自己が起こった場合の被害者やその遺族の為の賠償金を保障するためのものだと考えておいてください。適用されるのは人身事故の時のみであり、運転者自身の事故やけが、車両その他の「物」には適用されませんので注意が必要です。

自賠責保険で補償される金額は、障害で最高120万円、死亡で最高3000万円、重度後遺障害で最高4000万円となっています。これらの補償内容は上限が決まっているので、それを超過する場合は自分で負担する必要があります。あくまでも被害者救済のための限定的な保険だということは注意しておく必要があります。


したがって、自動車保険では自賠責保険の加入だけでは安心して車の運転をすることは出来ません。そこで必要になってくるのが任意保険(任意自動車保険)への加入です。

任意保険にはその保証の内容によっていくつかの種類があります。以下に1例を挙げてみますと

・「対人賠償保険」:事故で相手を負傷させたり死亡させた場合に自賠責保険を超える額を補償する保険。

・「対物賠償保険」:相手の車や物などの損害を補償する保険。

・「搭乗者損害保険」:車に乗っていた人を対象に(運転者・同乗者)支払われる保険。

・「自損事故保険」:単独事故を起こした場合に支払われる保険。

・「無保険車障害保険」:相手が無保険だった場合や当て逃げ等の場合に支払われる保険。

・「車両保険」:偶然の事故などでの自分の車の損害に支払われる保険。

等があります。

さらには上記の保険の内容を複数組み合わせたものや完全保証タイプの「人身損害補償保険」なども用意されています。保険料は割高になってきますが、補償内容は充実しており安心して車を運転出来るようになります。


もちろん、自動車の運転者にはしっかりと事故を起こさない様注意する責任があります。まずは安全第一で事故のない運転を心がけてくださいね。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
自動車保険の基礎知識

「自賠責保険」や「任意保険」など自動車保険の種類やその内容、保険料や補償内容など自動車保険に加入するにあたっての考え方などを解説しています。保険選びや保険の比較を始める前にまずはじっくりとご覧くださいね。

前の記事 | 次の記事

関連記事