トップ > 保険会社の評判・口コミ情報 > 全労済のマイカー共済のメリット・デメリット

全労済のマイカー共済のメリット・デメリット

スポンサードリンク

自動車保険を選ぶにあたってもしあなたが全労済に加入されているのでしたら、まずは全労済の「マイカー共済」をチェックされることをお薦めします。全労済のマイカー共済やJAのJA共済など共済の最大のメリットは非営利運営による保険料の安さになるでしょう。これらの共済は安価な支出でも充実した補償内容が提供されています。全労済に加入されていない方にとっては共済への加入は同時に組合員になる必要もあるのですが、これも1000円程度で加入可能ですので、特に問題はないのではと思います。


全労済のマイカー共済の安さの理由は非営利だから、それだけではありません。マイカー共済では補償対象をその名の通りマイカーだけに限定しているため、事故率が低く、その分保険料を抑えることが可能になっているのです。

補償に関してはリスク細分化ではないといった若干のデメリットもありますが、それ以上に無事故割引での最大64%もの保険料の割引等、多くのメリットがあると言えます。

ただし、無事故割引に関しては事故を起こした場合、他の保険会社と比べると若干、保険料の上がり幅が大きくなっています。また、事故歴や現在の等級などによっては、保険の新規加入を断られるケースもある様です。


マイカー共済ではその他の部分での割引も非常に充実しています。特に運転者の年齢や運転者の制限、新車やハイブリッド車などの車両の条件などによっても、保険料を大きく割り引くことが可能になっています。


この様に費用面では良い事づくめの全労済のマイカー共済ですが、他者と較べ事故対応などでは厳しい評価をされることもある様です、特に事故対応、事故後の示談等では他の保険会社と比べた場合の弱さを指摘されることもある様です。

ただ、保険料や補償内容などのコストパフォーマンスではその評判もかなり良い様ですので、やはり全労済加入者の方にはまずはこの全労済の「マイカー共済」をお薦めしたいと思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
保険会社の評判・口コミ情報

ソニー損保や三井ダイレクト、チューリッヒなど各自動車保険を徹底レビューしていきます。実際の評判や口コミなどユーザーの評価はどの様なものか、ロードサービスや事項対応は? そういった視点からも解説していきたいと思います。

前の記事 | 

関連記事