トップ > 自動車保険の選び方 > 保障内容と範囲で選ぶ自動車保険

保障内容と範囲で選ぶ自動車保険

スポンサードリンク

自動車保険を選ぶ際には保障内容やその適用範囲をしっかりと把握しておく必要があります。

自賠責保険で保障されるのはあくまでも被害者だけですので、自身の怪我や物損事故に関しての保障を受けることが出来ません。また、自賠責保険には補償額の上限がありますので現在の補償内容などを考えると決して安心できるものではありません。

ですから、必然的に任意保険もあわせて加入する必要性が出てくるのですが、その保証内容や適用範囲は各社実に様々です。まずはしっかりとその保証内容や範囲を理解しておくことが自動車保険の選び方には必要になってきます。


「対人賠償保険」は自賠責と同じように被害者の方を対象にした保険です。自賠責の上限を超えた場合に不足分を充填してくれる自動車保険です。ただし、自己や物損への補償はありませんので注意してください。

「対物賠償保険」では上記ではカバーされていなかった車や物への保障を行われます。ですが、あくまでも相手方への保障のみです。


一方、自己への保障を受けることが出来るのが「車両保険」「自損事故保険」「搭乗者傷害保険」ですね。

「車両保険」では自分の車の修理代なども保証されます。保障範囲は単独事故や当て逃げなどいくつかの種類が用意されています。

「自損事故保険」は単独事故などで怪我した場合に適用される保証です。こちらは対人賠償保険と組み合わされている場合が多いです。

「搭乗者傷害保険」に契約すれば運転手、同乗者に関わらず、搭乗中の人のけがの保障を受けることが出来るようになります。


「無保険車障害保険」と契約しておけば、相手が保険に加入していない場合にも保障を受けることが出来ます。


上記のの様な保険はそれぞれ個別に契約・加入するることも出来ますが、複数を組み合わせたセットの形で加入することも可能です。

「SAP」では対人、対物、搭乗者障害、自損事故、無保険車障害、車両保険の6種類がセットになっています。

「PAP」では対人、対物、搭乗者障害、自損事故、無保険車障害の5種類のセット、対人、対物、車両いずれかと他の保険との組み合わせた「BAP」などもあります。


自分で自動車は所有していないがレンタカーなどを運転するケースがある場合は「ドライバー保険」への加入をお薦めします。こちらも上記の様な複数の保障がセットで用意されています。


また、これらの自動車保険は保険それ自体の範囲だけでなく、保険の対象、契約者の家族にも保険の適用範囲を広げることが可能なものも用意されています。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
自動車保険の選び方

保険料や掛け金、保障内容な事故対応などのサービス。あなたの状況に応じて様々な視点から自動車保険の選び方についてアドバイスしていきます。見積もり、比較の際の参考にしてくださいね。

前の記事 | 次の記事

関連記事